台湾観光旅行 日本語

おすすめ

台湾観光旅行 日本語

台湾観光旅行と日本語

海外旅行では、やはり言葉が通じない事を心配する人が多いですよね。

それで海外に行くのに二の足を踏む日本人が多いような気がします。
私の親などは言葉が通じないので一生海外には行かないと言っています。
台湾への観光旅行では、日本語はどの程度使えるでしょうか。
日本人観光客が多く訪れる所は、日本語で説明を書いてある場合もありますし、ガイドが日本語で案内してくれる事もあります。ちなみに日本語ガイドも数多くいます。

台湾全体で見ると、大都会ほど日本語が通じる傾向がありますが、地方でも過去の歴史で日本による統治の為に通じるご高齢の方もいらっしゃいます。
台湾のあちこちのホームページを見ると、日本語のわかるスタッフがいるかどうかわかります。
まず第一にホームページが日本語に対応している施設が数多くあります。それだけ日本人が多く台湾を訪れているのです。
どうしても日本語でなければ不安だという方は、そのような場所を選んで予約するといいですよ。

漢字と日本語

しかし、外国ですから日本語が通じないことが当たり前ですし、あんまり心配する必要もないと思います。

また、台湾では台湾語(話し言葉は北京語に近い)ですが、表記は漢字です。
漢字を見れば何となくイメージできるのが日本人です。
第二次世界大戦前、日本において使われていた旧字体の漢字を使っているからです。
例を挙げますと、旧字体:學生、現代:学生こういった字ですね。
日本の統治時代を生きてきた人たち、お年寄りには日本語を話せる人がいます。
台湾でもよほどの地方に行かない限り、言葉の問題はそれほど心配しなくてもいいです。
中国語も英語も話せない日本人が多いのに、不便を感じている人が少ないこと、そのため日本人には人気がある一因となっているのです。

コミニュケーション

人間同士なので、相手と笑顔で接すれば、相手が台湾人でも必ず意思は通じます。

どうしても話さなければならない時は、片言の英語と身振り手振りで十分です。
日本人とすぐわかるので、相手もゆっくりと話してくれるはずです。

見分け方

我々がどうして日本人とわかるのかと、私はアジア人の知り合いたち(台湾人、中国人、韓国人)に、必ず聞いています。

台湾人の知り合いの一人に聞いたところ、顔かたちの微妙なちがい、肌の色、お化粧の仕方、服装などでだいたい日本人とわかると言っていまし た。
日本人である我々の目から見ても、例えば韓流タレントなど韓国人を見たとき、なんとなく日本人と違うよなと、一目でわかりますよね。
たとえ流ちょうな台湾語(中国語)や英語で話しかけても、「日本語のなまり」があるのでわかるそうです。

台湾とコンビニ

ところで台湾の町の特徴として、コンビニが多いことが挙げられます。日本から進出しているコンビニが多いです。セブンイレブンやローソンなどです。そこに 日本で販売されているものが置いてあることも多いです。あまり違和感はないですね。

ただし台湾のコンビニに入ってすぐ違うと思う点は、中で作られている食品が異なるため、コンビニの匂いが違います。
日本だと「おでん」や「フライ」のおいしそうな匂いがしますよね。
台湾のコンビニでは、台湾人が気軽に食べる食べ物が煮込まれて、レジの横で売られています。
私はそれを食べたことはないので、名前がわかりません。日本では一度も嗅いだことのない匂いがしますよ。

SNSボタン

田丸麻紀さん共同開発の酵素ドリンク