台湾の結婚式

おすすめ

台湾の結婚式

台湾の結婚式

台湾観光旅行では庶民の文化に接する機会はあまりないでしょうね。観光客相手の屋台やレストランでは、観光客に人気のあるものしか見られません。
台湾での結婚式の様子をちょっと紹介しますね。
あなたが旅行先で知り合った方と結婚するなんてことになったら、もしかしたら役に立つかもしれません。
結婚式は、世界中どこでも、もちろん台湾でも人生で一番華やかな瞬間です。

案内状

結婚式の案内状は別名「紅爆」(赤い爆弾)なんて言われていて、受けとった人は「紅包」(ご祝儀)を送るのです。

包む金額は偶数

中に包むお金ですが、日本と違います。割り切れない奇数が日本では良しとされるのに対して、台湾では偶数が良いとされています。
また祝儀袋は白は厳禁。白は葬式を想起させるのでタブーだそうです。
結婚式を行う家のドアのノブにはリボンが飾ってありますから、大安にリボンを
見かけたら、結婚式があると思ってください。

招待客の服装

新郎新婦の衣装は日本の結婚式とほぼ一緒で、タキシードとウェディングドレスが一般的です。
一方で、招待客はラフな格好が普通です。日本のようにあまり着飾ったりしないのが普通です。

開始時間

結婚式ですが、招待された時間に行くのは意地汚い(食いしん坊)という考えなのだそうで、始まるのは普通予定時間の1時間後ぐらいからだそうです。

台湾と沖縄の共通点

話は変わるのですが、そこから数百キロメートルしか離れていない沖縄では、時間通りに飲み会などが始まることはないというのを思い出しました。暖かいというか暑い土地の人たちは、時間がゆっくりしている所など共通していますね。

新郎新婦の写真

台湾では芸術的結婚式の写真が有名で、披露宴会場の入り口に二人の写真が数多く飾っています。
出席者は新郎新婦の写真をじっくりと見てから、席につくのです。
結婚式の後、名刺大の写真は出席者が記念に持ち帰っても良いのです。
観光旅行で台湾を訪れて、結婚式に出くわすなんてこともあるかもしれませんよ。

SNSボタン

田丸麻紀さん共同開発の酵素ドリンク

関連ページ

台湾の結婚事情について
台湾への観光旅行を計画する時、ツアーやホテルの選び方、台湾の魅力、基礎知識について書いています。